2018年の目標

昨年も立てたように、今年も目標を立てました。
考えてみると、一年間の目標を立てる機会は、多くても人生で50回程度とそう多くはなく、一回一回が貴重な目標設定の機会となります。
一年間の目標設定は、一年間でギリギリ達成できるかどうかのラインで考えることが難しく、ミッションやビジョンの達成に向けて具体的な目で見える標として立てることが楽しい瞬間でもあります。

2017年の目標は、「公共経営の勉強」と、「保育ロボット政策の立案」と、「新刊の出版」の3つに設定していました。
「公共経営の勉強」については、目標を立てたは良いものの、どのように勉強して良いかわからず、とりあえず公共政策を専攻できる大学院にでも入学してみようと思い、受験して合格して入学し、今年で無事に卒業できそうと言うことで、ほぼ達成とします。
「保育ロボット政策の立案」については、菅官房長官との事業プレゼン面会や、無事に太田市での報道発表までは終えることができましたが、その後、昨年の秋頃に総額427億円の国家予算が組まれることが公表され、我ながら神がかり的な達成をすることができ、あとは開かれた市場に向けて努力するのみです。
最後の「新刊の出版」については、私が忙しさにかまけてしまい、原稿は昨年のうちに書き終えましたが、出版は来月となってしまいましたので、ちょっと甘いですが半分達成。
と言いましても、「小規模保育のつくりかた」の改訂版です。
2017年の夏に売り切れてしまい、中古本も高騰し、ひとまずKindle版で回避していましたが、今回、最新方法を載せて新しく改定することになりました。

しかし、目標とは不思議なもので、目標なんて立てなくても人生は成るように成ります。
ただ、目標を立てると成りたいように成れます。

ということで、2018年も目標を立てたいと思います。

① 100億人の獲得
② 大規模システム投資
③ 学会への入会と論文発表

目標の内容については詳しく書きませんが、絶妙な目標設定ができたと思います。
今年の目標の達成が、5年後、10年後のビジョンにじわじわと効いてくると思うと達成したくなります。

管官房長官、とても素敵な方でした。

菅官房長官2