事保連からの出版

前々から世代間交流の実態を調べたいと思っておりまして、今、全国の世代間交流施設にお邪魔して、いろいろとお話をお伺いしております。
出版の趣旨上、今回は(社)事業所内保育団体連合会名義での出版となり、私個人としても編集者という形で携わりたいと考えています。
現在までにすでにいくつかご訪問させていただきましたが、世代間交流という名目で行っているところもあれば、特に世代間交流とは位置付けずに自然に交流しているところもあり、様々なケースが見受けられました。
中には、介護施設内に仏壇があったり、子どもも手を合わせていたりと、本当の生活空間として成立しているところもあり、非常に興味深い内容の世代間交流施設もありました。
その全ては、介護事業者が保育所を施設内に設置するという形態を選択しており、一つの定石となっているように感じました。
間に合えば年内、遅くとも年度内には出版ができると思いますので、今から楽しみです。

 

Image-1